ミニマルGo!

ランニングはミッドフット、ロードバイクはおじぎ乗り。自分にとっての最適解を探す日々

ランニングやロードバイクなどの趣味を中心に、日々の生活で経験し学んだことを紹介する、運動好きで健康オタクのブログ

今年も残すところ1ヶ月ですね。
今日の関東は12月とは思えないほどのぽかぽかの小春日和。
あまりに気持ちのいい天気だったのでランはおやすみして久々にロードバイクでリフレッシュしてきました!
P1010975
ロードバイクでリフレッシュ!!

夏場のトレーニング用として去年から取り入れたのがロードバイク。
ランでは味わえないスピード感は本当に気持ちいい♪
遠くまで行けるのもちょっとした旅感覚で楽しいです。

個人的にはリフレッシュ目的で取り入れている自転車トレーニングですが、きちんと取り組めばランナーのトレーニングとして、とても効果の期待できるものなのです。

自転車トレーニングの3つのメリット

1. 足に負担をかけず長時間トレーニングできる

毎日ランニングで走りこみをしていると足には当然疲労が溜まります。
休足日をとりたいけど、もう少し身体を絞りたいというときに自転車は最適。

自転車が地面に設置しているのは自分の足ではなく2本のタイヤです。
自分の体重はサドル、ハンドル、ペダルに3分割されますので、足にかかる負担は小さく疲労の残った足でも軽いギアでクルクル回せば長時間の運動が可能です。

高いカロリー消費

漕ぎ方にもよりますが、時速20km以上の速度で30分漕いだときのカロリー消費量は120kcalです。
ウォーキング30分の消費カロリーが95kcalなので、とても効率よくカロリー消費できます。

さらに言うと、普段から走りこんでいるランナーであれば、時速25km以上で途中休憩を入れて
3時間なんて走り方も充分可能です。そうすることで身体にかかる負担は最小限に抑えて、がっつり
カロリーを消費することもできますね。
その際はギア軽めでケイデンス重視を忘れずに!

風を切る爽快感

自転車トレーニングの最大のメリットはやはりこれではないでしょうか?
自分の足では到達できないスピードで走る疾走感!
自転車で走ったあと、ランニングをするとめっちゃ遅く感じます(笑)。進んでる?みたいな。

風を切って景色を楽しみながら、リフレッシュしてカロリー消費もできる。
普段のトレーニングにちょっと変化をつけたいときに自転車はオススメですよ。

わたしの自転車
P1010966
最初のほうでロードバイクと書いておりましたが、わたしが乗っているものは、実際はなんちゃってロードです。

通販で購入した「TRINITY PLUS(トリニティープラス)DOS」というフラットバーロード。
元々夏場のリフレッシュ目的だったので安物を買ったのですが、漕いでいるうちに楽しくなってきて、また友人のロードバイク購入も引き金となり、改造に火がついてしまいました・・・。

ホイール交換から始まり、クランク替えて、サドルを軽量化して、ハンドルをブルホーン化等々、気付けば本体価格を大幅に上回る改造費となり、原型は無くかろうじてフレームだけが残るという痛改造車となりました。

ロードバイクを購入する際は必ず自転車屋で店主と相談して、へたにケチらずにコストとスペックを納得したうえで購入することを強くオススメします!!

スポンサードリンク 
 

ブログランキング参加中!!
このエントリーをはてなブックマークに追加