ミニマルGo!

ランニングはミッドフット、ロードバイクはおじぎ乗り。自分にとっての最適解を探す日々

ランニングやロードバイクなどの趣味を中心に、日々の生活で経験し学んだことを紹介する、運動好きで健康オタクのブログ

TNI 7005MKⅡフレームにSRAM Force1で組んだフロントシングルロードバイク(紹介記事はこちら)。
この新たな相棒とヒルクラトレーニングを開始しました。機材に負けない乗り手になれるよう気合を入れて頑張ります!!
CIMG1802
栃木県足利市の山岳コースを走ります。

本日のコース
1. 渡良瀬川CRを途中で降りて北上し、まずは「大岩山」頂上を目指す
2. 一旦下山し、県道284号線(松田大月線)を走り「馬打峠」越え
3. 松田川ダム方面へ北上し猪子トンネルへ
4. トンネル手前の深高山登山道入り口から鉄塔付近まで登る
5. 折り返して猪子トンネルを抜け桐生市へ
6. 渡良瀬CRに乗り平地巡航、足利へ帰る
WS000000
サイクリングロード以外は基本的に登り、大岩山、馬打峠、深高山の3箇所でもがく。高度上昇1,100mとなかなかの運動強度です。地元に山があるって素晴らしい。

大岩山
最初のヒルクラポイントであり、一番の難所。
サイクリングロードで充分にアップしておかないと、いきなり脚が終わります。わりと序盤から斜度がきついのでペースを抑えて坦々と行きましょう。
CIMG1801
登った者だけが拝める絶景。この景色を眺めながらドリンクを飲む。ヒルクラの醍醐味ですよね。まぁ、ぜぇぜぇ言いながら写真撮ってますけど(笑)!
TNI 7005MKⅡ、安いけど良いフレームですね。乗り手の力を素直に推進力に変えてくれます。重量は少しあるけど、しっかりと進んでくれる感じが気持ち良いです。

充分に休憩してから下山。
ハイカーさんが結構歩いていますので、しっかり減速して下りましょう。ブレーキはそれなりのものを装備していないと大岩山のダウンヒルは危険ですよ。斜度きついです。SRAM RIVALは問題なくブレーキコントロール出来ましたので、Force買わなくても大丈夫(未練)。

馬打峠を越えて松田方面へ
下山したら県道284号線へ。
すぐに登り始めます。そして地元ロードバイク乗りなら絶対に一度は走っているであろう「馬打峠」へ突入。
木々が茂っていてちょっと寒い。大岩山と比べると斜度は控えめで程好い運動強度。ここでは休憩していないので寂しいですけど写真無し。

猪子トンネル手前まで登る
最後のヒルクラ目的地「深高山」を目指し、登山口となる猪子トンネル手前まで登ります。サラっと書きましたが、猪子トンネルまでの登りは結構キツイです。登ったところが三本目のスタート地点…。デジカメ取り出す余裕無し。さぁ、上を目指して漕ぎますか。

深高山はメンタルにくる
3本目はスタートからゾンビモードで上ります。思考ゼロ、ただひたすら呼吸して足まわす。序盤はこれで登れますが、終盤に道がちょっと広くなったところで斜度がきつくなるポイントがあります。上がよく見えて斜度きつい…ポキっと折れましたね、心。足付いた。ここはゾンビじゃ登れません。心を奮い立たせ、歯を食いしばる、生きたチカラが必要でした。
とりあえず再スタートできそうなところまで自転車を押して歩き、再トライ。漕ぎ出しがクソ重くて泣きそうでしたが、無事に鉄塔が見えるポイントまで到着! キツかったー。
CIMG1803

復路のサイクリングロードも速度維持
足利山岳コースを満喫し、一旦桐生市に入ってからサイクリングロードで足利へ帰ります。
山に上ってから平坦を走るとロードバイクの気持ち良い加速を体感できます。ここでもサボらずに速度維持。これはこれでキツい。この日は消耗したって感じです。

ヒルクライムトレーニングの振り返り 
WS000000
この日は合計3回のヒルクライム。あらためてデータを振り返ってみると、やはり1本目の大岩山がいちばん厳しいですね。
ここで鍛えるのが良さそう。後半は常に登り続けるコース設定なので最後のほうはお腹いっぱい。

それにしても栃木県足利市ってロードバイク乗りにはホント恵まれた環境だと思います。
渡良瀬サイクリンロードで平地巡航を楽しめて、山岳コースも豊富。コース的に楽しめるポイントが多い割に空いているので、すごく良い環境ですよ。週末は山に篭りそうです。

ヒルクラ前には足攣り対策を忘れずに!
PR
このエントリーをはてなブックマークに追加