ミニマルGo!

ランニングはミッドフット、ロードバイクはおじぎ乗り。自分にとっての最適解を探す日々

ランニングやロードバイクなどの趣味を中心に、日々の生活で経験し学んだことを紹介する、運動好きで健康オタクのブログ

2018年のバイクはこちら

これまでずっと8速のフラットバーロードに乗ってきました。 
コントロールのしやすさ、メンテの手軽さから、とても気に入っていたのですが、もっとロードバイクを楽しみたいと思うようになってきて、そこに加えてロード仲間の新車購入…。ロード乗りならこの破壊力、ご理解いただけますよね。
一気に高まったロードバイクへの熱い気持ちが新車購入の背中を押し…いや蹴飛ばしまして、ついにNEWバイク購入となりました。
CIMG1779
フロントシングルロードバイク
じつはフラットバーロードに乗っていたときから、僕の中である計画がありました。
フロントシングル化です。
既にMTBやシクロクロスでは主流となりつつあるフロントシングルですが、ロードバイクの世界ではまだまだマイナーな存在です。はい、マイナー大好きの自分にぴったりです。
1秒でもタイムを削るようなシビアな環境ではギアの選択肢が全く足りませんが、まったり楽しんでいる週末ライダーの僕には充分でしょう。

完成車にフロントシングルは無い。だったらパーツ揃えて組めばいいんだ!
新たな相棒探しを始めて早速の高い壁、フロントシングルの完成車なんて売ってない。
ま、当然ですよね。そんなに需要無さそうだし。でも、普段からあまり頻繁に変速しない僕としては、フロント1枚で充分なんです。シクロクロスならフロントシングルの完成車あるけど、欲しいのはロードだし…。
で、散々迷って辿り着きました。
完成車が無ければ「バラ完」だ!
ある意味最高の贅沢となるこの選択ですが、資金は限られておりますので、なるべく現愛機のパーツを流用しつつ、満足のいく1台を作る。
なんとも楽しいプロジェクトがスタートしてしまいました。

フレームはTNI 7005MKⅡ
まずは骨格となるフレームセット。まさにロードバイク本体です。
これでもかというほどのピンキリな世界。当然、庶民の価格帯からチョイスします。選んだのはこちら
TNI 7005MKⅡ
余ったパーツをかき集めて、練習用の機材を組むためのフレームとして一部の人たちに根強い人気のフレームセットです。実売価格は3万円を切りますが、その性能はもはや説明不要。無事之名馬の如く、溶接モリモリの頑丈なアルミフレームです。とにかく安さでこれ以外に選択肢はありません。シンプルなフレームなので派手なレッドをチョイス。

要となるコンポは「SRAM Force1(スラム フォースワン)」
今回のフロントシングル化プロジェクトのメインとなるコンポーネントは「スラム フォース1」。
SRAMの新しいことにチャレンジする攻めの姿勢が大好きなんですよね。ロードのフロントシングル化も現時点ではSRAMが一歩リード。ついにシマノ以外のコンポーネントに手を出すときがきた。

今回購入したグレードはForce(フォース)、シマノでいうところのアルテグラと同じクラスです。当然グループセットのお値段は、国内で買うと目ん玉飛び出るプライスです。もちろん海外通販で購入。2016年2月にポチったときは「BIKE24」が最安値でした。
ちなみにフォースのひとつ下のグレードとなる「Rival(ライバル)」でもフロントシングルがラインナップされていますが、ずっと品切れということもあって上位グレードをGET! いやぁ品切れじゃ仕方ない。コンポは大事に使えば次のロードにも載せ替えできるしね。

それではパーツ構成を紹介
Category Item
フレームセット TNI 7005MKⅡ サイズS
シートポスト Miche - Supertype Black S
リアディレイラー SRAM Force 1 Rear Derailleur (ロングゲージ)
シフター(右) SRAM Force 22 DoubleTap Controls
シフター(左) SRAM Force 1 ErgoDynamic Brake lever
ブレーキ SRAM Rival22 Brakeset
クランクセット SRAM Force 1 Crankset
ハンドルバー Ritchey Comp Streem II
ステム Dixna リッジライン ステム 17度 120mm
サドル Selle Italia SLR Flow
カセット SRAM PowerGlide 1170 Cassette (11-36T)
チェーン SRAM PC-1170 Power Chain
Fホイール シマノ WH-RS21
Rホイール 手組(KINRIN XR200リム 28H)
タイヤ BS ANCHOR EXTENZA RR2X 23C
と、こんな感じです。

では、画像をペタペタ貼っていきます。
CIMG1763
チェーンリングは42T。SRAMにしてはシンプルデザイン。当然フロントはギア1枚です。フロントディレイラーがないのでスッキリ。

CIMG1765
リアディレイラーはメカメカしてて格好良い!! 表面の光沢も高級感があります。

CIMG1761
ブレーキはコストを抑えてRivalに。性能的にはForceと大差無いけど見た目が…。
でも価格が倍近く違うとねぇ。

CIMG1746
スプロケが笑えるほどデカい!!
ヒルクラメインで考えているので、11-36Tの超ワイドスプロケ。36Tは激坂でゾンビ化したときの保険ですね。
追記:榛名山に登って来ました。36T…保険どころかメインです(泣)。まずはこのド貧脚を鍛えねば!

CIMG1758
シフトレバーは右のみ。左はブレーキレバーだけなのでスッキリ見えます。 
ここでダブルタップ初心者あるあるをひとつ。登りでシフトダウンしようとした際に、押し込み足らずシフトアップ。スラムデビューしたら絶対一度はやるはず。

CIMG1762
ペダルは台湾製の「HT AE02」。相変わらずのフラペです。薄型でロードにも違和感無いかと。
11時から2時だけ踏むペダリングを習得するため引き足封じとしてしばらくお世話になります。

最後に引きで
CIMG1780
無地のフレームに見慣れないクランクセット、そして手組ホイール。正体不明な感じです。
あまり高級に見えないほうが、コンビニ行くとき安心感あるし、速そうに見えないから変にプレッシャーかからなくていいかも?

組立は最近お世話になっているショップで。
命預ける相棒ですので、最初はプロにお任せします。全部持ち込みなのに快く対応してくれて本当に助かりました。

これで準備は整った。これからはコイツとヒルクラを存分に楽しみます!!

新車買ったらコーティグも忘れずに!
PR
このエントリーをはてなブックマークに追加