ミニマルGo!

ランニングはミッドフット、ロードバイクはおじぎ乗り。自分にとっての最適解を探す日々

ランニングやロードバイクなどの趣味を中心に、日々の生活で経験し学んだことを紹介する、運動好きで健康オタクのブログ

友人がロードバイクを乗り替えました。さらにホイールまで新調…。
これでもう、あなたの前を走ることはないでしょう。牽いてください最後まで。

ロードバイク乗り替え時に地味に必要なもの
さて、羨む気持ちを抑えて小ネタをひとつ。ただし小ネタと言っても知らないと地味に困ることなので、特にスポーツバイク初心者の方はご一読を。
クロスバイクやロードバイクに乗っている殆どの方が愛車にサイクルコンピュータを付けていると思います。では、そのサイコンをどのように付けているかといえば、コレですよね。
CIMG1666
そう、結束バンドです。(ナイロンタイ、ケーブルタイ、インシュロックなど呼び方様々)

CIMG1681
このようにサイコンをステムなどに固定するときに使うアレです。

で、この結束バンドなのですが、
当然製品に同梱されておりますので、はじめて装着するときけれど、これを別に自転車に付け替えたり、ステムを交換したりするときには、結束バンドを切断するしかないんですよね。そう、使い捨てなんですよ。
だから付け替えるためには新しい結束バンドが必要になってくる。

まぁ、こんなの100均でも売っているだろう
そう考えるのは当然なこと。実際ダイソーさんでもたくさんの種類が売っています。
が、しかし!
ここに落とし穴があるのです。

自転車パーツ固定用の結束バンドは「細身で長い
例えば僕の使っているサイコンを固定するための結束バンドは幅2.5mmです。
この幅のものは、100均に行くと、極端に短いものしか売っていません。長さは最低でも200mmは必要ですが、おそらく売っているのは140~150mmだと思います。これだとね、長さが足りないんですよ。

とは言っても、ホームセンターに行けばあるでしょ?
いえいえ、これが結構置いてない。
必要なときに手に入らない…、サイコン無くてもロードバイクは走るけど、やっぱり無いと味気ない。
ね、地味に困るんですよ。

はい、ここでアマゾン様
CIMG1664
流石です、なんでもあります。結局ここに辿り着きます。

もうね、結束バンドのような箱より軽い荷物を佐川さんに運んでもらうのは気が引ける…なんて過去の話(笑)。
必要だから迷わずポチっておきましょう。
というわけで、いつか必ず必要になる結束バンド。
いざというとき困らないように、事前に備えておきましょう!

PR
このエントリーをはてなブックマークに追加