ミニマルGo!

ランニングはミッドフット、ロードバイクはおじぎ乗り。自分にとっての最適解を探す日々

ランニングやロードバイクなどの趣味を中心に、日々の生活で経験し学んだことを紹介する、運動好きで健康オタクのブログ

今年のゴールデンウィークはホントに快晴続きです。
がっつりロードに乗ってます。
先日フラットバーロードに改造しましたので、今回はパーツ構成を中心にまとめます。
CIMG0444
今日も暑かった!!

本日の走行結果
まずは本日の走行記録を。
WS000001
コースは定番の渡良瀬川サイクリングロードを使って、渡良瀬遊水地で折り返し。
先日のロングライド後に、サドルの高さ、グリップの取り付け角度等を見直して、ポジション煮詰めてあるので快適に乗れましたね。ランニングの疲れが残っているなかで結構がんばってます。

フラットバーロードのパーツ構成
それでは本題。
フラットバー化するにあたり用意したパーツを紹介します。

・ イーストン EA30 XC フラットバー
・ CLARIS ST-R240 シフトレバー/ブレーキレバーセット 8スピード(ダブル) 
・ ERGON (エルゴン) GX1
・ TOGS (トグス)
(ステムはTTバー時のものをそのまま使用。ちょっとステム長が短いです)

イーストン EA30 XC フラットバー
CIMG0023
まずはフラットバーですね。安心のイーストンです。
クランク径は31.8mm。先日交換したばかりの水平ステムに合わせています。
ベンド5℃、ハンドル幅は580mmもあるので、両側30mmずつカットしました。これ以上詰めるとシフターの取り付けが厳しいです。ショップによっては3,000円を切る安価なモデルですが、仕上げの美しさはさすがイーストンって感じです。
CLARIS ST-R240 シフトレバー/ブレーキレバーセット 8スピード(ダブル)
CIMG0408
こだわりのクラリスです。これからも8速を使い続けます!
それにしてもクラリスのコスパは驚異的ですよ。変速は気持ち良く決まるし、パーツの塗装もクールなダークピューターメタリック風。写真で見るよりずっと綺麗です。
 
CIMG0451
いままではライムグリーンのケーブルを使っていたのですが、付属のケーブルがこれまた高級感あるんですよね。ブラックにゴールドの文字でロゴが入っています。格好良いのでそのまま付属のケーブルを使いました。クラリスの価格設定はお得過ぎます。きっと上位グレードで稼ぎまくって…。
ERGON (エルゴン) GX1
CIMG0013
フラットバーの要はグリップですよね。やはり定番のエルゴンでしょう。類似品もありますが、ここは下手にケチらないほうが幸せになれます。見た目をスマートにしたいのと、ハンドルの両側に重量物を付けたくないので、エンドバー無しのGX1にしました。
取り付け角度がバッチリ決まれば手首の痛みは皆無です。
TOGS (トグス)
CIMG0432
このグリーンのちっさい角みたいなパーツがTOGS (トグス)です。
今回フラットバー化するにあたり、背中を押してくれた目玉パーツなんですよ。
詳しくは個別の記事でまとめますが、たったこれだけのパーツなのに、フラットバー最大の弱点を見事にカバーしてくれました。感動もののパーツです。アイデア商品なので、ちょっとお高い。

CIMG0442
こんな風に握ったりして使うわけですが、詳しくは別の機会に。
→ パーツレビュー更新(フラットバーロードのポジション問題をTOGS(トグス)で解決!!)

トグス グリップ内側取り付けスティック

トグス グリップ内側取り付けスティック
価格:3,690円(税込、送料別)


ハンドルまわりはこんな感じになりました。
CIMG0435

手前から見ると
CIMG0427

さらにもう一枚
CIMG0430

とまぁ、こんな感じに仕上がっております。
各パーツのレビューは今後個別にまとめたいと思います。

フラットバーロードって快適ですよ!
どうも中途半端な位置づけにあるフラットバーロードですが、正直趣味レベルの走りであれば、これほど快適なものはないかと思います。
コントロール性に優れ、スピードは充分、速度維持も意外と楽なんですよ。見た目もスマートだし。
CIMG0425
8速&フラットバー( しかもフラペ ) というニッチなロードバイクですが、その良さを少しでも知ってほしいので、これからもがんがんアピールしていきますよ!!

PR
このエントリーをはてなブックマークに追加