ここはボクにまかせて!!

いたって平均的なランナー『ミニまる』が、ミッドフットでひた走る!! ちょっとは役に立つかもしれない、RUN & LIFEまとめ

ごく普通の量産型ランナー『ミニまる』が、ランニングやロードバイクなどの趣味を中心に、日々の生活で経験し学んだことを「ボクにまかせて!! 」と得意気に…じゃなくて、謙虚に語ります。

ランニングシューズの紐を結ぶことがすごく面倒に感じます。
そのくせ、締め付け具合などは自分のベストのフィーリングになるまで何度も調整しないと気が済まない、困った性格の持ち主なんです。
だから靴紐についてはかなりの拘りを持っているんですが、ついにボク的ベストが見つかりましたのでご報告します!!
CIMG0184

レースアンカー( LACE ANCHORS) 2.0が画期的で快適過ぎる!!
これまで結ばない靴紐として、キャタピランやUltimate Performanceのシューレース等を試してきましたが、あともう一歩何かが足りないって感じだったんですよね。
で、何気なく見ていた「rakunew ~半歩先の未来が届く」でレースアンカーなるものを発見!!
結ばない靴紐系アイテムの中で最もスマートな仕上がりです。即ポチしました(笑)。
プラスチックの小さなアイテムです。
CIMG0187
持った感じでかなり丈夫なのが伝わってきます。めっちゃ硬い。

組み合わせる紐は伸縮性のある「GGT Tiger (ジージーティー タイガー)」のゴム素材靴紐をチョイス。
CIMG0185
韓国製ですね。ハングル文字は全く読めません。スリップオン化するためには伸縮性が重要になります。
 
CIMG0186
見た目は普通の平紐ですが、外は布、中はゴム素材になっているのでビヨーンと伸びます。
メイドインUSAと韓国で仲良くコラボ!!
CIMG0189

では、実際に装着してみましょう。
ミニマスMR10のキャタピランを外しての付け替えです。
P1030300

まずは普通に靴紐を通します。写真撮るの忘れました…。
ゴム素材で伸びるので多少キツめに結んでおきましょう。

ここからがレースアンカーの装着手順です。
①と②はシューズを履いたまま行います。

① ギザギザの部分を上にして、3つある穴の真ん中を通す。
CIMG0190

② 上のギザギザ側を通す。この工程が紐調節の最終工程になりますのでギュっと締めておきましょう。
CIMG0192

ここで一旦シューズを脱ぎます。

③ ギザギザの上を折り返して最後はいちばん下の穴に通す。
CIMG0193

余った紐はハサミで切り落としちゃいます。
CIMG0195
念のため長さに多少余裕を持たせておきましょう。

これで完成!!
CIMG0199
すごい簡単だけど、しっかり固定されていますね。
そして結び目がないから見た目がスマート!! 結び目はトラブルの元ですからね。ランニングシューズのスリップオン化はメリットしかありませんよ。

CIMG0198
ゴム素材靴紐もいい感じです。負荷がかかると適度に伸びるので足の甲が痛くなりません。シューズの着脱も楽ちんです。

あとは耐久性ですね。普段練習用のミニマスMR10に装着しましたので、走りこんで確かめてみます。問題なければ本番用の決戦シューズRC1100もレースアンカーに取り替えます。

靴紐をいちいち結ぶ作業から開放されるとホント快適ですよ。常に同じ締め付け具合で履けることも大事だし。
レースアンカー、本気でオススメします!!

PR 


ブログランキングに参加しています!


人気ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加