ミニマルGo!

ランニングはミッドフット、ロードバイクはおじぎ乗り。自分にとっての最適解を探す日々

ランニングやロードバイクなどの趣味を中心に、日々の生活で経験し学んだことを紹介する、運動好きで健康オタクのブログ

2月最終日、強風…というか暴風のなか、週末トレーニングライドを実行。
疲労困憊につき、1日遅れ, 写真少なめでお送りします。
P1030571

北関東県境コース
この日のコースを紹介します。

AM7:30足利出発
→ [栃木県] 渡良瀬サイクリングロードへ
→ [埼玉県] 道の駅きたかわべで休憩
→ [茨城県] さらにCRを下流へ進み、茨城県古河市に突入
渡良瀬川と利根川が合流した地点で折り返し
→ [埼玉県] 利根川サイクリングロードを上流へ
加須サイクリングセンターで休憩、道の駅はにゅうで昼食
→ [群馬県] 市街地を抜けて「つつじが岡公園」へ
→ [栃木県] 再び渡良瀬サイクリングロードへ乗り足利でゴール
WS000005
総距離90km弱のコースですが栃木県、埼玉県、茨城県、群馬県の関東4県制覇。見事な県境コースですね。走行データの総距離が少ないのは休憩明けのガーミン起動忘れによる計測漏れです。

行きは追い風ブーストでブイブイ!!
AM6:00起床。唸る風の音に絶望するも、2月締めのトレーニングライドへ。この季節になると寒さは和らいでいるものの、やっぱり風はすごい! 暴風ってレベルです。そして花粉も…。

午前中は北西の風、つまり追い風。行きは追い風ブーストでブイブイかっ飛ばしました。もう帰りのことなんて考えず、昂ぶる気持ちに任せてペダル廻します。いつもの自滅パターンへ一直線です(笑)。
P1030560_tonemapped
第一休憩ポイントでは全くの疲れ知らず。

折り返しで一転! 向かい風地獄へ
自転車最大の敵はやっぱり「風」ですよね。もう何度このフレーズを口にしたことか。
古河市で折り返し、利根川サイクリングロードに乗ったら進まない進まない。インナー側でシャカシャカ廻す悲しい乗り方に。寒風と花粉で鼻水出るし、漕いでも進まないし、折り返し後は完全に精神修行でしたよ。

「加須サイクリングセンター」が快適過ぎてオアシスでした!
 
ゾンビのような虚ろな目で、ただひたすらペダルを廻す作業をこなし、もうダメそうってときに見えた休憩地点「加須サイクリングセンター」。
P1030570
まさに砂漠の中のオアシス状態。神々しいお姿です。

バイクを吊るして早速中へ。
P1030564
わずか9.5kgの車体が重い…。バテバテです。
 
施設の中はぽかぽかで、ホントあったかいんだから~♪…こういう旬ネタって1年後に読み返すと恥ずかしいんだよね。まぁいいや。
それにしてもこの施設、まじで快適!!
P1030568
このスペースなんてほら、
1.  荷物を置きます
2.  腰掛けます
3.  そのまま後ろに身体をたおします
4.  目を閉じれば、記憶が飛びます
どんなに疲れていても「3」までで止めましょう。

とりあえず「スポーツようかん」でエネルギー補給。
P1030569
持久系スポーツにはマルトデキストリンですな。この組み合わせがたまらん!!
加須サイクリングセンター最高ですね。トイレも超キレイ(これ大事)、住めるレベルですよ。
充分に休憩をとり、後ろ髪ひかれながら出発。

両足が攣る寸前。なんとか辿り着いた「道の駅はにゅう」
相変わらずのゾンビモードで利根川サイクリングロードを上流へ。「ボクはなんのために、週末に苦しい思いをしなければいけないのか?」そんな考えさえ頭に浮かばないのがゾンビモードです。ただ漕ぎます。

が、道の駅はにゅう手前で意識復活!! 足が攣りそう、しかも両足。危機到来です。
もうね、完全にトレーニング不足ですよ。平日夜にランニングしてた頃は絶対にこんなことなかった。怠けた自分を恨みながら、慎重に慎重にゆっくり力まずペダル廻しました。
P1030573
無事到着したけれど、両足ぴくぴく状態です。やっぱり週末ライドだけでは鍛えられませんね。せめて筋トレだけでも再開せねば。

以降、無理せずスローペースで
はにゅうで昼食をとり、その後は市街地(田舎道?)を抜けて群馬県館林市の「つつじが岡公園」へ。とにかく両足が攣らないように慎重に進みました。すまぬ、同行した友よ。
P1030574_tonemapped
ここでも休憩。午後になると春のような陽気に。風も少し弱くなったかな。

復路で救われたのは、風向きが変わったこと。
渡良瀬サイクリングロードに乗ると、追い風ブースト発動! 再びペースアップできました。このまま向かい風だったら……、多分この記事を月曜日に書いていたことでしょう。

ロードでフラペでもいいじゃん!
P1030395
そういえば、行く先々でロード乗りの方々から、ビンディングペダルを勧められました。ロードバイクでフラペは異端という風潮があるようです。でもね、友人もフラペ使いなんですが、我々はフラペにこだわりがあるんですよ。おそらくこれからもフラペを使い続けることでしょう。
近々ロードバイクのフラペについて、そのメリットをまとめてみようかと。少しでもフラペ使いが増えるように頑張って拡散します!

次回の週末ライドに向けて、日々のトレーニングも頑張りますよ!!

PR


ブログランキングに参加しています!


人気ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加