ここはボクにまかせて!!

いたって平均的なランナー『ミニまる』が、ミッドフットでひた走る!! ちょっとは役に立つかもしれない、RUN & LIFEまとめ

ごく普通の量産型ランナー『ミニまる』が、ランニングやロードバイクなどの趣味を中心に、日々の生活で経験し学んだことを「ボクにまかせて!! 」と得意気に…じゃなくて、謙虚に語ります。

昨年のクリスマスに「moonshot」のクラウドファンディングを通して支援した高知のNPO法人「輝くいのち」様から感謝状が届きました。昨年の記事「クリスマスの夜だから、タイでサンタになってみた!

届いた感謝状はこちら。
P1030439
なかなか味のある字ですな。
ツイッターのアカウントで寄付したので宛名が「ミニまる様」で届きました。
ちゃんと届くんですね…って、ちょっと恥ずかしい。
 
やっぱり「ありがとう」って言葉をもらえると嬉しいですよね。
普段の生活のなかでも、感謝の気持ちをきちんと伝え、また感謝される行動を常に心掛けたいなとあらためて思いました。
ちなみに支援者へのお返しの「バンブーコットンふんどし」は4月発送のようです。楽しみにしてますよ!

お金の話
ここで少しお金の話をさせてください。
わたしは25歳くらいの頃から株式投資をしています。もうかれこれ10年以上経ちますね。
株式投資をはじめた当初は、単純に資産を増やしたいという考えでしたが、2年ほど前から投資に対する考え方が少し変わったんです。
 
ひとのため、社会のために資産を活かしたい!
 
株式投資は上場している大企業への投資です。もちろんそれはそれで、銀行に資産を眠らせておくよりも社会貢献にはなるでしょう。ですがもっと直接的に、お金の足りないところにお金をまわしたいと考えるようになったんです。個人ではむずかしいかなとおもっていたのですが、それを可能したのもまた「クラウドファンディング」でした。

日本クラウンド証券が運営する「クラウドバンク」
WS000000
 
クラウドバンク」を使えば、新興国マイクロファイナンスを通じて貧困地域の人々に融資できるんです。投資額はひと口1万円から可能なので、ちょっとリスクが怖いという方でも、お試し感覚ではじめられますよ。他にも日本国内の中小企業ローンファンドや、不動産担保型ローンファンドなど、クラウドバンク内での分散投資が可能なので、1点集中投資のリスクは避けられます。

株式投資から社会への投資へ
2014年はアベノミクス効果で株価が大きく上昇しました。わたしはそのタイミングで大半の株式を売却しています。そして投資資産の大半をクラウドバンクへ移動して、こちらをメインで運用しています。株式投資のときよりも、社会貢献できているという実感があり、心の満足度は高いですよ。

結局は自分に返ってくる
クラウドバンクの平均利回りは約5.2%です。仮に500万円を年利5%で運用したとすると、1年後には525万円になります。それをさらに複利で運用(ここで言う投資で得た利益25万円も投資にまわす)すると2年後には551万円、5年後には638万円、10年後には814万円になります。社会貢献にまわす金額を増やしながら且つ、結局は自分の資産も年々増えていく。お金が活きている感じがしますよね。

お金を稼ぐことは決して悪いことではない
日本人ってお金の話をすると、なんとなく卑しい感じにとられたり、汚いイメージを持たれがちですが、お金を稼ぐことはいいことです。きちんと稼いで資産の一部を投資することで、社会にお金がまわります。そのお金が経済活動を活性化し、みんなの生活、そして自分の生活を支えることになるんですから。義務教育に「経済」入れてもいいんじゃない?と本気で思っています。

感謝されるお金の使い方は、ひとの為ならず
ちょっと脱線したけれど、感謝されるお金の使い方は、結局巡り巡って自分のところに返ってくるよと言いたかった。貯金はもちろん大切だけど、社会への投資もちょっとだけ考えてみよう!

PR 


ランナーですよ! 応援よろしく!

マラソン・ジョギング ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加