ミニマルGo!

ランニングはミッドフット、ロードバイクはおじぎ乗り。自分にとっての最適解を探す日々

ランニングやロードバイクなどの趣味を中心に、日々の生活で経験し学んだことを紹介する、運動好きで健康オタクのブログ

身体の使い方を少し変えるだけで、日常の動作がとても楽になります。
今回は「階段を楽に上る方法」について紹介します。
mgJ8SDG

「階段を上るのは、脚力を鍛えるためだ! 」 という方は、この方法を使うとあまり負荷がかからないので参考にしないでくださいね。
それでは紹介します。

階段を楽に上るためのポイントは3つ

1.前傾しない
階段を上るときに普段やってしまいがちなのが、身体を前傾させてしまうことです。前傾になることで、踏み出す方の足に全体重が移動します。そしてその体重を太腿の前側の筋肉だけで支えることになるので、足に疲労が溜まり、重くなってしまうんです。
人間は疲れてくると、さらに身体が前傾してしまうのですが、前傾すればするほど足にかかる負担は大きくなるので、さらに自分の首を絞めることになってしまいます。

2. 体重を踵(かかと)に残す
先のポイント1で前傾しないということはわかりました。つまり背筋を伸ばして階段を上ればいいわけです。ここでさらにコツをひとつ。踏み出す方と逆の足、つまり残っているほうの足に重心を残します。踏み出す方の足で上るのではなく、残っているほうの足で上るようにするんです。そのときは踵を地面に着けて、グッと身体全体を押し上げるようにすると、背筋を伸ばしたままでも足に負担をかけずに、階段を上れるようになります。

3.筋肉ではなく「骨」を意識する
ポイント2で紹介した踵を使う最大の理由は、「骨」を意識できるからです。先の方法で、残っている足で上る際に、踵を上げてつま先で上ろうとすれば、今度はふくらはぎの筋肉に全体重がかかってしまい、太腿よりもさらに小さい筋肉に頼ることになってしまいます。ですが踵を使うことで、筋肉ではなく、踵から足の骨、そして背骨へと一本の柱を意識できるようになるんです。骨という頑丈な柱が体重を支えてくれるんですね。この骨の柱を意識して使えるようになると、ほんとうに階段の上りが楽になるんですよ。

以上、3つのポイントをおさえて階段を上ってみてください。
だれでも簡単に実践できて、しかも効果をすぐに実感できます。驚くほど楽になりますよ。
ぜひ今度、試してみてください!

PR 


ブログランキング参加中!

このエントリーをはてなブックマークに追加